【ウィルソン バーン95CV v2.0 2017 徹底インプレ】圧倒的球威!錦織選手が選んだボールをしばけるハンマーラケット(Wilson Burn95CV v2.0)

BURN95CV
BURN95CVは錦織圭選手が世界と戦うためにウィルソンが作ったラケット。
錦織選手からの「フルセットを戦い抜く為に、疲れないラケットが欲しい」という要望を満たすため、振動・衝撃を減衰させる新素材のCOUNTERVAIL(カウンターヴェイル)を搭載。

BURNシリーズは非常に人気の高いラケットで当時はテニスコートで絶対一人は使用者を見るほどでした。
ちゅう太も中学生時代に前身モデルであるTOUR BLX 95を使用していて、今回打つのが楽しみでした!

本記事ではBURN95CV v2.0を実使用、動画解析によるデータからしっかりレビューしていきます!

本記事でわかること!

  • ラケットデザイン
  • 搭載テクノロジー
  • ラケットスペック
  • ラケットの使用感
  • メリット・デメリット
  • どんな人におすすめか
  • 他のラケットとの比較

クリックで読みたい箇所へジャンプ!

レポート

めちゃくちゃボールを潰している感覚が強く、球威のある球を打ちやすいラケット!
スピンもかなりかかってくれるためアウトを恐れず、ガンガン振れちゃいます!

また、打ち応えは感じるものの体にガツンとくる硬さはなく、かなりいい!

欠点としてはやはり振ってなんぼのラケットなので、繊細なショットはやや苦手な印象がありました。

ちゅう太
シグナムプロのツイスター1.30を40pで張ってます。

ストリングの性能に左右されずラケットの性能を素直にインプレできるように テニススタディーでは毎回ツイスターを張って使用しています。
【シグナムプロ ツイスター 徹底インプレ】よく飛ばし、狙ったところにボールが落ちる(SIGNUM PRO TWISTER)

続きを見る

スペック

✔長さ:27.25インチ
✔フェイスサイズ:95平方インチ
✔ウェイト:309g
✔バランス:325mm
✔フレーム厚:22.0mm
✔ストリングパターン:16x20

デザイン

BURN95CV

今回はリバースカラーモデルを使用!個人的にオレンジが好きだったので!他にも迷彩柄のようなカモフラージュデザインのものもあるよ!

BURN95CV

グロスあり塗装を採用しているので、かっこよく輝きます!

BURN95CV

テクノロジーとしては振動・衝撃を減衰させるNASA公認の新素材COUNTERVAIL(カウンターヴェイル)を採用。
COUNTERVAILを搭載したラケットは、通常のカーボンよりも約30%の衝撃吸収性能を発揮し、筋肉の働きを約14.5%軽減!長時間のプレーを最後までサポートしてくれます!

BURN95CV

BURNの特徴の一つでもあるPWSも搭載。フェイスの3時と9時の部分にウェイトを持たせることで、慣性モーメントを高め、打球時の面ブレを抑制します。

打球感:標準の硬さ、打ち応えあり

ボールをしっかりと潰している打ち応えをしっかり感じさせつつ、腕にガツンとくる硬さは感じさせない打球感。ついハードヒットしていきたくなります。

弾き感はなく、しっかりラケット面でボールを掴む感覚があります!ボールを掴む感覚といっても、しなり感はなく、剛性高めのラケットでボールを潰して掴んでいる印象。
引っ掛かり感もありラリー中も安心して振れちゃいます!

ただ、ゆっくりとしたスイングだとボールがラケット面で止まる感覚がり、ボールのコントロールが難しかったです。

ボールの飛び:標準的

ボールも飛ばしすぎず、飛ばなさすぎない標準的な飛び。

ただBURNはスイングによってかなり飛びに変化があります
しっかり振っていければ、パワーアシストを感じるボールの飛び感になるのですが、ゆっくりとしたスイングだとかなりボテボテの球になりやすいです。
スイングによって飛び感に大きな違いが出るので、ボールの飛距離のコントロールは難しいです。

スピン性能:かかる

引っ掛かり感があり、スピンもしっかりかかってくれます。速いスイングでのスピンのかかり方は格別で、ボールが急激に落ち、バウンド後も伸びが出せます。かなり攻撃的!

球速:122.8km/h

フォアハンドの球速は122.8km/hでした。
これはフォアハンドストローク時の動画解析により算出した値です。

球速算出方法はこちらから↓

ソニースマートセンサーの結果はこちら↓

総評

メリット

・気持ちいい打ち応え
・圧倒的球威
・高いスピン性能

デメリット

・繊細なショットは苦手
・飛び感の調整は難しめ
・スイングスピードが必要

ボールを潰している感が強い打ち応えとハードヒットのボールの球威が癖になります。
ラケットの良さを引き出すには一定以上のスイングスピードが必要ですが、フェイス面積が95平方インチかつラケットヘッドが走りやすいバランス設計になっているので自然とスイングスピードは出せるようになっています!
ただ、その分繊細なショットはやりづらさあり。最後まで振って攻めきるのがコツ(笑)。

こんな人におすすめ

・ラケットに打ち応えを求める人
・ガンガン攻めていきたい人
・ボールの球威を重視する人

勝手に比べてみました

ピュアドライブVS

しっかり振りぬいた時の球威はピュアドライブ系に近く、中でも飛び感が近いのはピュアドライブVS

スピン性能も同程度です。ピュアドライブVSはバーンよりぼやけた打球感ですが、フェイス面積が98平方インチとバーンより大きいためスイートスポットは広く感じます!

打球感にこだわるならバーン95CVちょっとでも扱いやすさを求めるならピュアドライブVSがおすすめ!

バボラ ピュアドライブVSの記事はこちら。

エレベート98

エレベートも打ち応えがありボールにパワーを伝えやすいラケット。

バーンのほうが振り抜きやすくスピン性能も高いのですが、エレベートはしなり感があり、直線的な球が打ちやすいです。

どちらもしっかり振っていかないと良さを感じられないラケットですが、より直線的で伸びる球を打ちたいならエレベート98がマッチしそうです!

ダイアデム エレベート98の記事はこちら。

本格派モデル!新ツアーシリーズどれが買い?(Prince Tour Series)

プリンスの戦うプレーヤーのための最強シリーズであるツアーシリーズ スピードスピンをコンセプトに開発されたこのシリーズは、男女問わず競技者の使用者が多いモデルです。 従来のフェイス面積95・100平方インチ、O3に加え、2023年からは98平方インチの本格派モデルが加わった最強のラインナップ! この記事では各ツアーシリーズの特徴をおさえ、選び方をまとめてみました! ツアーシリーズのラケット選びで迷っている人の参考になればと思います! 目次ツアーシリーズ新作 2022VerスタンダードなTOUR100初心者に ...

ReadMore

【比較】プリンス ビースト × ハイドロゲン コラボ

目次Prince by Hydrogenビーストシリーズ × ハイドロゲンBEAST100CHROME100 ※海外版BEASTRANDOM ※海外版BEASTビースト比較  日本版 vs 海外版スペック・テクノロジー比較使用感の比較プリンス ラケット一覧 Prince by Hydrogen カジュアルでありながらラグジュアリーな要素を備えるイタリアの人気ブランド「ハイドロゲン(HYDROGEN)」 トレードマークの"スカル"と"スポーツ"という、一見すると相反する要素を見事に融合させ、都会的でラグジュ ...

ReadMore

最薄ラケット!?大人気ファントムシリーズを比較してみた(Prince Phantom Series)

目次ファントムシリーズ新作 2022Ver2019Ver海外モデルトラディショナル 一覧O3 一覧プリンス ラケット一覧 ファントムシリーズ 新作 2022Ver 前作+超衝撃・超振動吸収を実現するP.V.S搭載でかつてないフィーリングを実現! 抜群の操作性で人気爆発 トラディショナル 穴あき激薄フレームからの究極の振り抜き O3 フラットボール専用 ファントムF1 プリンスの競技者向けのファントムシリーズにフラットボール専用ラケットが仲間入り! フェイス面積98平方インチ、ストリングパターン 18×18 ...

ReadMore

【プリンス×ハイドロゲン クローム100 徹底解明・インプレ】ギンギラギンでさりげなくない!特別感漂う限定ラケット(Prince×HYDROGEN CHROME100)

プリンスから只者ならぬラケットが2021年7月に発売。 情報が解禁されたのは発売の約一か月前。情報解禁と共に全国のテニスオタクはこう思ったに違いない。 「絶対手に入れてやる!!」 いまさら言うことではないがちゅう太は自他ともに認めるきっすいのテニスオタク。 なんとしてでもこのラケットを入手したい。 みんな急げぇーーー!!! 俺はこれでラケットGETだ〜!今年は年間100万円使わなくて良さそう♪ https://t.co/irftaVwqfP — ちゅう太@テニススタディ管理人 (@Tennis ...

ReadMore

【プロ愛用】テニス練習・試合で飲むべきおすすめドリンク

悩めるテニスプレイヤー・テニス中に何を飲めばいいのかわからない ・試合後半で逆転負けをすることがある ・大会でよく足を吊る ・ハードなトーナメントで勝ち抜きたい ・最高なパフォーマンスで試合をしたい 以上の悩みでお困りではありませんか? これらの悩みを解決するためには、テニス中に飲むドリンクが非常に重要なんです! ちゅう太ちゅう太が初めてテニス中に足を攣ったのは、学生時代の団体戦で3セットマッチを2試合したとき! そこからドリンクについても勉強しまくり、飲み物にもこだわることで、現在は8ゲーム5試合のトー ...

ReadMore

【トロラインポリ徹底比較】「質にコダワル」トロラインポリの選び方完全マニュアル!

アメリカ、カリフォルニア発の新星テニスストリングブランドのトロライン。 「質にコダワル」をコンセプトに、高品質なテニスストリングをお手ごろな価格でプレイヤーに提供しています。 そのストリングの性能の高さは使用者にしっかり評価されており、トロラインジャパン OFFICIAL STOREでは入荷してもすぐに完売! そんなに売れてるなら使ってみたい!! トロラインの使用感が気になっているけど、ストリング選びで失敗はしたくない!! そんな人のためにトロラインのポリストリング4種を同じラケットで使ったことのあるちゅ ...

ReadMore

【ラケットスタンドDIY】目からウロコ!カッコよく飾れるラケット収納!

悩めるテニスプレイヤー大量のラケット保管に困ったな… もっとかっこよく飾りたいな… テニス好きのみなさんなら必ず1度はこのように思ったことがあるでしょう。 私もラケットが増えるにつれ、ラケットの保管場所に困っていました。 「かっこいいラケットたちを眺めたい!!」 いつもソフトケースに入れてフックにぶら下げていたちゅう太は悩んでいました。 でも、ネットを隅々まで探してもラケットスタンドなんてものは売ってないんですよね~。 ・・・・。 「よし、ないなら作ってしまおう」 こう思い立ったちゅう太は気付けばホームセ ...

ReadMore

【プリンス×ハイドロゲン ビースト100 徹底インプレ】見た目だけじゃない!性能もデザインも最高にイケてるラケット(Prince×HYDROGEN BEAST100)

プリンスの中でも幅広い層に支持されているビーストシリーズとカジュアルでありながらラグジュアリーな要素を備えるイタリアの人気ブランドハイドロゲン(HYDROGEN)がコラボ! HYDROGENのデザイナーAlberto Bresci氏がデザインを施した限定モデルとなっており、ちゅう太はその見た目に一目惚れし即購入。 本記事では最高にかっこいいビースト100を実使用、動画解析によるデータからしっかりレビューしていきます! ラケットの写真もいつも以上に載せて、デザインもみなさんに共有できたらと思います! ちゅう ...

ReadMore

シェアお願いします

▽この記事をシェアする▽

© 2023 テニス スタディ