【ダンロップ CX200 2021 徹底インプレ】パワーをコントロールしゲームを制す(DUNLOP CX200 2021)

CX200 2021
ダンロップのコントロール系モデルの「CXシリーズ」
2021年、CXシリーズは第2世代へ突入。
ショットをコントロールし、ゲームをコントロールするために新たなテクノロジーを搭載しバージョンアップしました。

本記事ではCX200 2021を実使用、動画解析によるデータからしっかりレビューしていきます!

本記事でわかること!

  • ラケットデザイン
  • 搭載テクノロジー
  • ラケットスペック
  • ラケットの使用感
  • メリット・デメリット
  • どんな人におすすめか
  • 前作との比較
  • CX400TOURとの比較
  • 他のラケットとの比較

クリックで読みたい箇所へジャンプ!

レポート

前作の使用感からさほど大きく変わることなくボールの弾き感UPとより柔らかい打球感になってます!

前作同様しなってボールを掴む感覚がありますが、決して持ちすぎることなくやや強めの弾き感があります。
弾き感が強くなった分パワーアシストも強くなった印象でした。

打球感も前作より柔らかくなっており、高いコントロール性能は維持したまま多くの人が使いやすいと感じる使用感に近づいた感じ!

ちゅう太
シグナムプロのツイスター1.30を40pで張ってます。

ストリングの性能に左右されずラケットの性能を素直にインプレできるように テニススタディーでは毎回ツイスターを張って使用しています。
【シグナムプロ ツイスター 徹底インプレ】よく飛ばし、狙ったところにボールが落ちる(SIGNUM PRO TWISTER)

続きを見る

前作CX200の記事はこちら。

スペック

✔長さ:27.0インチ
✔フェイスサイズ:98平方インチ
✔ウェイト:305g
✔バランス:315mm
✔フレーム厚:21.5mm
✔ストリングパターン:16x19

デザイン

CX200 2021

マツダ車のソウルレッドを彷彿とさせる非常に美しくかっこいいカラー。
まじでかっこいい!

パワーグリッドというストリングパターンで先端方向へ反発性能を向上!

CX200 2021

薄さは前作と変わりなし!
ただ、前作のほうがブラックカラーで引き締まった印象があるので、前作のほうがやや細いように見えます!

CX200 2021

はい、ちゅう太の好きなCXのスロート部です(笑)

今作からフレックスブースターを搭載し、しなり感、ホールド感、振動減衰率を向上!

CX200 2021

パワーロスなく、コントロールを向上させるためソニックコアをフェイス2時、10時部に搭載!

ちゅう太
あまりのかっこよさに鏡の前で何度もポージングをしました(笑)

打球感:ホールド感⇒軽いあっさりした打球感

ラケットのしなり感によるホールド感があり、その後の弾き感が強いため、軽くてあっさりした打球感に!
前作よりあっさり感が増した印象!

引っ掛かり感はあり、暴発感はなし

前作より引っ掛かり感は感じにくくなったかも。

ボールの飛び:飛ぶ

ボールは普通に飛び、キレがあります!
前作より弾き感が強くなったので飛びも良くなってます!

しっかり飛ぶのですが、自分で制御できる飛び感なので飛びすぎの心配は不要です!

スピン性能:かかる

引っ掛かり感もありスピンもかけれます!

前作よりはやや引っ掛かり感は感じにくくなってますが、スピン性能の大きな差はあまり感じませんでした!
キレのあるボールが打てますよ!

球速:120.3km/h

フォアハンドの球速は120.3km/hでした。
これはフォアハンドストローク時の動画解析により算出した値です。

球速算出方法はこちらから↓

ソニースマートセンサーの結果はこちら↓
CX200 2021

総評

メリット

・クリアで軽い打球感
・しなってよく弾く打球感
・高いコントロール性能

デメリット

・フレームのしっかり感はない
・打ちごたえがぼやける
・想像以上にあっさり弾く


前作同様、高いコントロール性能は維持したまま、打球感を柔らかくし、ボールの弾きと飛びを良くした印象でした!

でも、ある一定のスイングスピードがないとすぐ弾いてコントロールしにくさを感じます

ちゅう太はパワーアシストが強くなった今作のほうが好み!
フレームのしっかり感はなく、打ち応えがぼやけて軽い打球感は好き嫌いがわかれそう。

前作で打球感、飛び感が問題ない人は無理して今作に移行する必要はないかな。
デザインが好みのほうで決めましょう!

こんな人におすすめ

・コントロール>パワーの人
・あっさりした弾き感でボールを飛ばしたい人
・前作より飛びを求める人

勝手に比べてみました

ブレード98V7.0

CX200とスペックが似ているブレード98 v7.0

前作のCX200より今作のCX200のほうがブレードに近づいた印象!
しなり感は相変わらずブレードが優秀で、しなりを活かして打てた時のボールのキレはCX200を凌駕します。

CX200は全体的な扱いやすさと柔らかい打球感でブレードほどラケットをしならせなくてもまぁまぁ使えます。

ウィルソン ブレード98V7.0の記事はこちら。

CX400TOUR


CX400ツアーのほうがボールを掴むホールド感が強いです!
しなりというよりはガットがたわむホールド感かな。
このホールド感おかげか、CX200はあっさり飛ぶので一定以上のスイングスピードがないとコントロールしにくさがありますが、CX400ツアーはゆったりとしたスイングでもコントロールはしやすいです!

パワーアシストもCX400ツアーのほうがあり、CX200が少し難しいかなって思っている方にはCX400に行く前にCX400ツアーを試しましょう!
でも、CX200のほうがボールのキレはありました!

ダンロップ CX400ツアーの記事はこちら。

TF-X1

【テクニファイバー TF-X1 徹底インプレ】驚異の衝撃吸収性!高速化テニスで勝ち抜くための1本(Tecnifibre TF-X1)

2021年からラコステジャパンがテクニファイバーの代理店となり、第1弾の大型商品となるTF-X1。 「#テクニの革新」というキャッチコピーのもと、今までにないテクノロジーを搭載した全く新しいラケットとなっています。 なんとこのたび、 運よく新製品のモニターとして当選しちゃいました!!👏 またとない絶好の機会、このTF-X1の使用感含め全情報を徹底的にお届けします! 早く使いたい!! 次の練習は日曜日かな〜🥲#テクニの革新 pic.twitter.com/xJ4R6Sgad2 — ...

ReadMore

【プリンス×ハイドロゲン クローム100 徹底解明・インプレ】ギンギラギンでさりげなくない!特別感漂う限定ラケット(Prince×HYDROGEN CHROME100)

プリンスから只者ならぬラケットが2021年7月に発売。情報が解禁されたのは発売の約一か月前。情報解禁と共に全国のテニスオタクはこう思ったに違いない。 「絶対手に入れてやる!!」 いまさら言うことではないがちゅう太は自他ともに認めるきっすいのテニスオタク。なんとしてでもこのラケットを入手したい。 みんな急げぇーーー!!!俺はこれでラケットGETだ〜!今年は年間100万円使わなくて良さそう♪ https://t.co/irftaVwqfP— ちゅう太@テニススタディ管理人 (@TennisFrom ...

ReadMore

テニス おすすめ ドリンク

【プロ愛用】テニス練習・試合で飲むべきおすすめドリンク

ちゅう太ちゅう太が初めてテニス中に足を攣ったのは、学生時代の団体戦で3セットマッチを2試合したとき! そこからドリンクについても勉強しまくり、飲み物にもこだわることで、現在は8ゲーム5試合のトーナメントでも足を攣ることなく戦い抜くことができています! 今回はちゅう太のドリンクに対するこだわりを余すことなくお伝えします! ドリンクもプレーの一部! ドリンクについて知り、最高のパフォーマンスを発揮しましょう! 本記事でわかること! ドリンクの重要性 ドリンクとパフォーマンスの関係性 テニスでおすすめのドリンク ...

ReadMore

テニスフォトコン

【結果発表】テニスフォトコンテスト!#ちゅう太フォトコン

テニススタディの1周年&100記事達成記念として開催したフォトコンテスト! たくさんのご応募ありがとうございました! かなりレベルの高いフォトコンテストになりました! それとみなさんのテニスに対する愛情が伝わってくる良いフォトコンテストだったと思います。 フォトコンテストの開催内容はこちら。 開催期間:2021/6/2~2021/6/27 応募総数:27作品 それでは早速結果発表をしていきます! 目次 最優秀賞 優秀賞 テニスギア部門 最強オーラが漂うプリンスギア 驚愕フェイスの海外版ファントム ...

ReadMore

トロライン

【トロラインポリ徹底比較】「質にコダワル」トロラインポリの選び方完全マニュアル!

アメリカ、カリフォルニア発の新星テニスストリングブランドのトロライン。「質にコダワル」をコンセプトに、高品質なテニスストリングをお手ごろな価格でプレイヤーに提供しています。 そのストリングの性能の高さは使用者にしっかり評価されており、トロラインジャパンのネットショップでは入荷してもすぐに完売! そんなに売れてるなら使ってみたい!! トロラインの使用感が気になっているけど、ストリング選びで失敗はしたくない!! そんな人のためにトロラインのポリストリング4種(日本販売3種、未販売1種)を同じラケットで使ったこ ...

ReadMore

おすすめラケットランキング

【2021年完全最新版】テニスラケットおすすめランキング5! <年間購入額100万円超え>

どうも、ちゅう太です。 テニススタディ1周年&100記事公開記念として、年間ラケット購入金額100万円超えのちゅう太が本音で選ぶおすすめラケットを紹介します。 すべてのラケットを同じストリング、同じテンションで比較したので今後のラケット選びの参考になればと思います。 注意:ラケットの性能・完成度の高さを評価しています!対象は中級者以上となっております。 一定以上のテニスができる人にはドンピシャなランキングとなっております。 目次 年間ラケット購入金額100万円を超えました 5位 ファントム100 ...

ReadMore

ダイアデムポリ徹底比較

【ダイアデムポリ徹底比較】今話題沸騰中のダイアデムポリの選び方完全マニュアル!

プロ視点から質の高い製品の開発・生産を行うダイアデム。ラケットだけでなくストリングもユーザーからは大好評!ただ、ダイアデムのストリングは取り扱い店が少なく、試すまでのハードルが高い。ネットのインプレ記事も多くはなく、結局どのストリングを選べばいいかわからない。 そんな人のためにダイアデムのポリストリングをすべて同じラケットで使ったことのあるちゅう太が選び方をまとめてみました!ダイアデムのストリング選びに迷っている人に参考にしてほしい。 目次 ダイアデム ポリストリング ダイアデムのポリストリングは3種類 ...

ReadMore

【ラケットスタンドDIY】目からウロコ!カッコよく飾れるラケット収納!

ちゅう太今から伝授する方法では、DIY初心者でもたった1時間で作製できちゃいます! 目次 ラケットスタンドDIY 必要部材 1.イレクターパイプ 2.ジョイント 3.接着剤 4.キャスター 5.滑り止めシート 買い忘れ防止チェックシート 組み立て ①仕切りの組み立て ②側面の組み立て ③全体の組み立て 完成 どこで購入するべきか テニススタディとは ラケットスタンドDIY 総額は15本収納で1万1千円。 5本収納など収納数を減らすと9千円程度で製作できます。 必要部材 1.イレクターパイプ 2.ジョイント ...

ReadMore

【新時代球出し機スリンガーバッグ】君は購入すべき?全公開メリットとデメリット(Slinger Bag)

スリンガーバッグは持ち運びできる球出しテニスバッグとして2020年7月に発売以降、入荷分はすぐに完売。 次の入荷分を予約しないと入手できないほどの大ヒット商品! スリンガーバッグがなぜ売れているのかというと このような悩みを解決してくれるから! ちゅう太ちゅう太のようなボッチ系テニスプレイヤーの強い味方! コソ練して強くなるぞ! 本記事では新時代球出し機スリンガーバッグをしっかりレビューしていきます! 本記事でわかること! スリンガーバッグとは スリンガーバッグ付属パーツ スリンガーバッグの使用感 メリッ ...

ReadMore

【プリンス ファントムグラファイト97 徹底インプレ】名機復活。激打ちグラファイトで攻め続けろ!(Prince PhantomGraphite97)

テニスラケットに革新をもたらした名機、プリンスのグラファイトが誕生から44年の時を経て、2020年の最新テクノロジーをまとってファントムグラファイトとして復活。グラファイトは、それまでのプレースタイルを完全に書き換える革命であり、衝撃的なイノベーションだったため多くのプレイヤーに愛されてきました。先にリリースされた100平方インチ、107平方インチに加え、今回は97平方インチのリリースとなりました。ただフェイス面積が小さくなったわけではないということなので早速購入。発売後しばらく使ってみたので使用感を記事 ...

ReadMore

【プリンス×ハイドロゲン ビースト100 徹底インプレ】見た目だけじゃない!性能もデザインも最高にイケてるラケット(Prince×HYDROGEN BEAST100)

プリンスの中でも幅広い層に支持されているビーストシリーズとカジュアルでありながらラグジュアリーな要素を備えるイタリアの人気ブランドハイドロゲン(HYDROGEN)がコラボ! HYDROGENのデザイナーAlberto Bresci氏がデザインを施した限定モデルとなっており、ちゅう太はその見た目に一目惚れし即購入。 本記事では最高にかっこいいビースト100を実使用、動画解析によるデータからしっかりレビューしていきます! ラケットの写真もいつも以上に載せて、デザインもみなさんに共有できたらと思います!

ReadMore

シェアお願いします

▽この記事をシェアする▽

© 2021 テニス スタディ