TF40 305 16x19 2022

【テクニファイバー TF40 305 16x19 2022 徹底インプレ】これぞボックス!癖のない使用感と素直な表現力(Tecnifibre TF40)

TF40 305 16x19 2022

テクニファイバーの40周年を記念して誕生したTF40の2022モデル。
ボックスフレームでテクニファイバーの競技者向けのシリーズ。

ウェイトは305g,315gの2種類で、今作から16×19のストリングパターンも登場!(前作は18×20のみ)
より豊富なラインナップとなりました。

ちゅう太
今回はTF40 305 16×19を使用しました!

本記事でわかること!

  • ラケットデザイン
  • 搭載テクノロジー
  • ラケットスペック
  • ラケットの使用感
  • メリット・デメリット
  • どんな人におすすめか
  • 他のラケットとの比較

クリックで読みたい箇所へジャンプ!

レポート

ボックスフレームのしなりを感じつつ、自分の意図したボールをちゃんと表現してくれるラケット!
飛びもスピンも過度なアシスト感はなく、打った球の行方が容易に想像できます。

打球感は硬くないものの、中身の詰まった感触で、インパクトの情報量は多く感じとることができます。
引っ掛かり感もあり、ナチュラルなスピンはかけることができます!
が、スピンがかかりすぎる感はなし。

パワー乗りは良く、ボールをしっかり潰して自身のパワーを球威にロスなく変換可能!
ただ、ラケット自体のパワーは控えめなので、当てて返すだけの返球には不向き。
自分からしっかり攻めきれる人が対象のラケットです。

スペック

✔長さ:27.0インチ
✔フェイスサイズ:98平方インチ
✔ウェイト:305g
✔バランス:325mm
✔フレーム厚:21.7mm
✔ストリングパターン:16x19

ストリングパターン(実測値)
TF40 305 16x19 2022

デザイン

テクニファイバーらしいきれいな白を基調としたデザイン!
ブラック、グレーの文字のなかに、赤、青を散りばめ、明るい雰囲気もプラス!
また、スロートの「Tecnifibre」の文字が立体的になっているなど、細部にもこだわりが多く感じられるラケット!

  • TF40 305 16x19 2022
ちゅう太
本社フランスの国旗を表す、青・白・赤のトリコロールカラーがおしゃれだね!

テクノロジー

XTENSE BG
XTENSE BG

RS Sharp Section
RS Sharp Section

FOAM INSIDE
FOAM INSIDE

打球感:中身の詰まった打球感

ボックスらしいしなり感と中身の詰まった打球感!
中身の詰まった感触ですが、しなり感のおかげで、硬くなく標準的な打球感に。

引っ掛かり感、ボールを潰していける感覚があり、インパクトの情報量は多いです!
自分の打ったボールの行方は容易に想像できます。

弾きは強くなく、ホールド感がしっかりある印象。
特別、球離れの悪さは感じませんでした。

ボールの飛び:やや控えめ, スイング相応

ラケット自体のパワーはなく、ボールの飛びは自分のスイング相応です。
飛びはやや控えめ。

ボールの弾道は直線的、山なりの調整は可能ですが、スピン性能が高いわけではないので、山なりの弾道だとやや苦戦。
私は普段擦り上げるスイングですが、このラケットの使い始めはボールをふかすことが多くアウトが目立ちました。

パワー乗りはよいので、厚くフラット気味に当てて球威を出していく使い方がベスト!

スピン性能:高くはないが、かけれる

引っ掛かり感はあり、スピンをかけることは可能。
ただ、自分の感覚よりスピン量は少ない印象なので注意!

使い慣れるまでは自分がかけたいスピン量より、多くスピンをかけるイメージでスイングするといいかも。
フラット気味に当ててもナチュラルなスピンはかかるので、そこは安心してください。

球速:122.5km/h

フォアハンドの球速は122.5km/hでした。
これはフォアハンドストローク時の動画解析により算出した値です。

球速算出方法はこちらから↓

総評

メリット

・パワー伝達性が良い
・情報量の多い打球感
・癖がなくまとまった使用感

デメリット

・控えめな飛び感
・スピン性能はイマイチ

良くも悪くも自分のプレーを素直に表現してくれるラケット!
テクニファイバーらしい癖のない使用感で、ハードなスペックですが扱いにくさは感じませんでした。

私には少しパワー不足で深くボールを返そうと弾道を上げると、ちょっとオーバーアウトが増えました。
フラット気味に当てると、ナチュラルなスピンで失速させずにボールをコートに入れることができたので、フラットで戦うプレイヤーにおすすめします!

こんな人におすすめ

・純粋なボックスの打球感が好きな人
・フラットでボールをシバいて戦う人
・自身のパワーをコントロールしたい人

勝手に比べてみました

ライバル:プロスタッフ97 V13

ボックスらしいしなり感、心地よいフィーリングでTF40のライバル的存在のプロスタッフ
ラケットカラーはTF40と対照的なブラックを基調としており、ライバルと呼ぶにふさわしい!

プロスタッフのほうがスピン性能はわずかに高く、擦り上げるスイングでの安心感は高め
ただ、315gの重量で、良いプレーを長時間続けるには筋力・体力どちらも必要です。

スピン性能はプロスタッフに劣るものの、振り抜きはTF40のほうが良く、操作性の高さを感じました。
また、多少ですが楽にボールを飛ばせるので非力なプレイヤーより。

インプレ記事を読んで、しっかり選択していただきたい2機種です!

ウィルソン プロスタッフ97 V13の記事はこちら。

+球威:エレベート98

TF40よりもっと球威を出したいのならエレベートがおすすめ!
ボールをしっかり潰すことができ、中身の詰まった打球感はTF40と似てます。

エレベートはフラットで打った時のボールの伸びは格別です。
ただ、TF40よりも飛びは控えめでしっかりスイングする必要があります

TF40は扱いやすさがあり、エレベートに比べると使用者のハードルは下がります。
エレベートに比べると、そこまで速いスイングではなくても扱えちゃう操作性です。

ボックスフレームを好む人は自分からスイングできる人が多いと思うので、球威or操作性のどちらを求めるかでラケットを選択しましょう!

ダイアデム エレベートの記事はこちら。

+飛び:ブイコアプロ97

TF40よりボールの飛距離を出したいのならブイコアプロ97がおすすめ!
ブイコアプロもTF40同様、しなり感があり、直線的な打球が得意なラケット!

ブイコアプロはTF40よりもボールを良く飛ばせ、またスピンのかかりも良いです。
ただ、ヨネックスのアイソメトリック(楕円形)のフレーム形状は好き嫌いがわかれます。

TF40はインパクト時のフィーリングや情報量の多さにおいて優れており、ボールをコントロールしている感覚が強いです!
飛びはブイコアプロより控えめですが、球威は同程度に出していけます。

TF40ではボールが飛ばなくて困っている人はブイコアプロは試してみましょう!

ヨネックス ブイコアプロ97の記事はこちら。

 

Prince Phantom Series

目次ファントムシリーズ新作 2022Ver2019Ver海外モデルトラディショナル 一覧O3 一覧プリンス ラケット一覧 ファントムシリーズ 新作 2022Ver 前作+超衝撃・超振動吸収を実現するP.V.S搭載でかつてないフィーリングを実現! 抜群の操作性で人気爆発 トラディショナル 穴あき激薄フレームからの究極の振り抜き O3 フラットボール専用 ファントムF1 プリンスの競技者向けのファントムシリーズにフラットボール専用ラケットが仲間入り! フェイス面積98平方インチ、ストリングパターン 18×18 ...

ReadMore

TF-X1

【テクニファイバー TF-X1 徹底インプレ】驚異の衝撃吸収性!高速化テニスで勝ち抜くための1本(Tecnifibre TF-X1)

2021年からラコステジャパンがテクニファイバーの代理店となり、第1弾の大型商品となるTF-X1。 「#テクニの革新」というキャッチコピーのもと、今までにないテクノロジーを搭載した全く新しいラケットとなっています。 なんとこのたび、 新製品のモニターとして使わせていただけることに!!👏 またとない絶好の機会、このTF-X1の使用感含め全情報を徹底的にお届けします! ちゅう太今回はTF-X1(300g)を使用させていただきました! 本記事でわかること! TFーX1とは ラケットデザイン 搭載 ...

ReadMore

【プリンス×ハイドロゲン クローム100 徹底解明・インプレ】ギンギラギンでさりげなくない!特別感漂う限定ラケット(Prince×HYDROGEN CHROME100)

プリンスから只者ならぬラケットが2021年7月に発売。 情報が解禁されたのは発売の約一か月前。情報解禁と共に全国のテニスオタクはこう思ったに違いない。 「絶対手に入れてやる!!」 いまさら言うことではないがちゅう太は自他ともに認めるきっすいのテニスオタク。 なんとしてでもこのラケットを入手したい。 みんな急げぇーーー!!! 俺はこれでラケットGETだ〜!今年は年間100万円使わなくて良さそう♪ https://t.co/irftaVwqfP — ちゅう太@テニススタディ管理人 (@Tennis ...

ReadMore

テニス おすすめ ドリンク

【プロ愛用】テニス練習・試合で飲むべきおすすめドリンク

悩めるテニスプレイヤー・テニス中に何を飲めばいいのかわからない ・試合後半で逆転負けをすることがある ・大会でよく足を吊る ・ハードなトーナメントで勝ち抜きたい ・最高なパフォーマンスで試合をしたい 以上の悩みでお困りではありませんか? これらの悩みを解決するためには、テニス中に飲むドリンクが非常に重要なんです! ちゅう太ちゅう太が初めてテニス中に足を攣ったのは、学生時代の団体戦で3セットマッチを2試合したとき! そこからドリンクについても勉強しまくり、飲み物にもこだわることで、現在は8ゲーム5試合のトー ...

ReadMore

テニスフォトコン

【結果発表】テニスフォトコンテスト!#ちゅう太フォトコン

テニススタディの1周年&100記事達成記念として開催したフォトコンテスト! たくさんのご応募ありがとうございました! かなりレベルの高いフォトコンテストになりました! それとみなさんのテニスに対する愛情が伝わってくる良いフォトコンテストだったと思います。 フォトコンテストの開催内容はこちら。 開催期間:2021/6/2~2021/6/27 応募総数:27作品 それでは早速結果発表をしていきます! 目次最優秀賞優秀賞テニスギア部門最強オーラが漂うプリンスギア驚愕フェイスの海外版ファントム実は違う!? ...

ReadMore

トロライン

【トロラインポリ徹底比較】「質にコダワル」トロラインポリの選び方完全マニュアル!

アメリカ、カリフォルニア発の新星テニスストリングブランドのトロライン。 「質にコダワル」をコンセプトに、高品質なテニスストリングをお手ごろな価格でプレイヤーに提供しています。 そのストリングの性能の高さは使用者にしっかり評価されており、トロラインジャパン OFFICIAL STOREでは入荷してもすぐに完売! そんなに売れてるなら使ってみたい!! トロラインの使用感が気になっているけど、ストリング選びで失敗はしたくない!! そんな人のためにトロラインのポリストリング4種を同じラケットで使ったことのあるちゅ ...

ReadMore

おすすめラケットランキング

【2021年完全最新版】テニスラケットおすすめランキング5! <年間購入額100万円超え>

どうも、ちゅう太です。 テニススタディ1周年&100記事公開記念として、年間ラケット購入金額100万円超えのちゅう太が本音で選ぶおすすめラケットを紹介します。 すべてのラケットを同じストリング、同じテンションで比較したので今後のラケット選びの参考になればと思います。 注意:ラケットの性能・完成度の高さを評価しています!対象は中級者以上となっております。 一定以上のテニスができる人にはドンピシャなランキングとなっております。 目次年間ラケット購入金額100万円を超えました5位 ファントム100レビュ ...

ReadMore

ダイアデムポリ徹底比較

【ダイアデムポリ徹底比較】今話題沸騰中のダイアデムポリの選び方完全マニュアル!

プロ視点から質の高い製品の開発・生産を行うダイアデム。ラケットだけでなくストリングもユーザーからは大好評!ただ、ダイアデムのストリングは取り扱い店が少なく、試すまでのハードルが高い。ネットのインプレ記事も多くはなく、結局どのストリングを選べばいいかわからない。 そんな人のためにダイアデムのポリストリングをすべて同じラケットで使ったことのあるちゅう太が選び方をまとめてみました!ダイアデムのストリング選びに迷っている人に参考にしてほしい。 目次ダイアデム ポリストリングダイアデムのポリストリングは3種類各スト ...

ReadMore

【ラケットスタンドDIY】目からウロコ!カッコよく飾れるラケット収納!

悩めるテニスプレイヤー大量のラケット保管に困ったな… もっとかっこよく飾りたいな… テニス好きのみなさんなら必ず1度はこのように思ったことがあるでしょう。 私もラケットが増えるにつれ、ラケットの保管場所に困っていました。 「かっこいいラケットたちを眺めたい!!」 いつもソフトケースに入れてフックにぶら下げていたちゅう太は悩んでいました。 でも、ネットを隅々まで探してもラケットスタンドなんてものは売ってないんですよね~。 ・・・・。 「よし、ないなら作ってしまおう」 こう思い立ったちゅう太は気付けばホームセ ...

ReadMore

【プリンス×ハイドロゲン ビースト100 徹底インプレ】見た目だけじゃない!性能もデザインも最高にイケてるラケット(Prince×HYDROGEN BEAST100)

プリンスの中でも幅広い層に支持されているビーストシリーズとカジュアルでありながらラグジュアリーな要素を備えるイタリアの人気ブランドハイドロゲン(HYDROGEN)がコラボ! HYDROGENのデザイナーAlberto Bresci氏がデザインを施した限定モデルとなっており、ちゅう太はその見た目に一目惚れし即購入。 本記事では最高にかっこいいビースト100を実使用、動画解析によるデータからしっかりレビューしていきます! ラケットの写真もいつも以上に載せて、デザインもみなさんに共有できたらと思います! ちゅう ...

ReadMore

【スリンガーバッグ レビュー】君は購入すべき?全公開メリットとデメリット(Slinger Bag)

スリンガーバッグは持ち運びできる球出しテニスバッグとして2020年7月に発売以降、入荷分はすぐに完売。 次の入荷分を予約しないと入手できないほどの大ヒット商品! スリンガーバッグがなぜ売れているのかというと このような悩みを解決してくれるから! 悩めるテニスプレイヤー・テニスの練習相手がいない ・自分の好きな練習をしたい ・急にテニスがしたくなる ・球出し機が高い ・持ち運びできる球出し機が欲しい ボッチ系テニスプレイヤーのちゅう太も入荷待ちをしてしっかり購入! 半年以上使ったので、そこで感じたメリット、 ...

ReadMore

シェアお願いします

▽この記事をシェアする▽

© 2022 テニス スタディ