【プリンス ビーストO3 98 徹底インプレ】安定型万能ラケット(Prince BEAST O3 98)

ビーストO3_98

ビーストのフェイス100平方インチのものはとても扱いやすく、普段はプリンスを使わない人にも大変好評でした。そんなビーストシリーズからより競技者向けとなった98平方インチのものが登場。
カラーリングも黒メインなので、より落ち着いた印象になりました。

本記事ではビースト O3 98を実使用、動画解析によるデータからしっかりレビューしていきます!

本記事でわかること!

  • ラケットデザイン
  • 搭載テクノロジー
  • ラケットスペック
  • ラケットの使用感
  • メリット・デメリット
  • どんな人におすすめか
  • ビースト03 100との比較
  • 他のラケットとの比較

クリックで読みたい箇所へジャンプ!

レポート

ビースト O3 98はフェイス面積98平方インチとは思えないほど飛びが良いです。ホールド感もあり、スピンもしっかりかかるのでしっかり自分から打っていけるラケットでした。

ビーストO3 100より飛びは控えめになっているのでラリーの安定感は98のほうがありました。

ただ、O3の打球感がもろに出ているのでボールが抜ける感覚があるのが少し気になりました。

ちゅう太
シグナムプロのツイスター1.30を40pで張ってます。

ストリングの性能に左右されずラケットの性能を素直にインプレできるように テニススタディーでは毎回ツイスターを張って使用しています。
【シグナムプロ ツイスター 徹底インプレ】よく飛ばし、狙ったところにボールが落ちる(SIGNUM PRO TWISTER)

続きを見る

スペック

✔長さ:27.0インチ
✔フェイスサイズ:98平方インチ
✔ウェイト:300g
✔バランス:320mm
✔フレーム厚:22.0~25.0mm
✔ストリングパターン:16x20

デザイン

ビーストO3_98

ビーストシリーズには"赤き野獣を手なずけろ"というキャッチコピーがあり、イメージカラーには赤を採用されています。
ビースト100は真っ赤なデザインでしたが、98は黒メインとなり落ち着いた印象になりました。

ビーストO3_98

Oポートをグロメットレスで搭載するNew Oポートのおかげで、打感をクリアにしスイングの力をダイレクトにボールに伝えることが可能に!

ビーストO3_98

テキストリーム×トワロン2ピーススロートも採用!

ビーストO3_98

フェイスの10時と2時にTeXtreme × Twaronを配置するATSを採用!ラケット上部の剛性が増し、ボールの推進性とコントロール性がアップ!他に振動吸収性とクリアな打球感で掴んで弾く性能が向上してます。

打球感:やや柔らかい

打球感はやや柔らかさを感じました。O3独特のガットがたわみボールを掴むホールド感がありますが、同時にボールが抜けるような感覚も感じます。
インパクト時はATSのおかげか面ブレ感はなくカチッと決めれます

ボールの飛び:標準

ビースト100の飛び感よりはやや控えめです。他の98平方インチのものと比べると、VCORE98よりは飛び、ラジカルMPよりは飛ばない感覚です。

攻撃、守備どちらも苦手な印象を感じないちょうど良い飛び感だなと思いました。

スピン性能:かかる

O3のラケットなので、スピンもしっかりかかります。フラットで当てた時もスピンはかかってくれるのですが、擦り上げるスイングをしたときのほうがよりスピン性能の高さをを感じることができます

O3は擦り上げるスイングがしやすいですからね(笑)

ちゅう太
相手にこのラケットを使っていただいてラリーしたときに急激に落ちるボールが飛んできてびっくりしました。

球速:118.9km/h

フォアハンドの球速は118.9km/hでした。
これはフォアハンドストローク時の動画解析により算出した値です。

球速算出方法はこちらから↓

ソニースマートセンサーの結果はこちら↓
ビーストO3_98

ちゅう太
スマートセンサだとめっちゃスピード出てました。O3構造も正確に測定できてるのでしょうか(笑)

総評

メリット

・攻守どちらも行ける飛び感
・安定感あるコントロール性能
・面安定性が良い

デメリット

・爆発力はない
・ボールをこぼす感覚あり
・O3の独特な打球感

パワーアシストもあり、それでいてボールをコントロールしやすいラケットでした。飛びすぎず飛ばなさすぎず絶妙です。面ブレも少なくインパクトをカチッと決めることができるので打っていて気持ちですね。

普段からO3を使っているので打球感は慣れてはいましたが、使い慣れない方からするとボールをこぼす感覚が強く感じてしまうかもしれません。

こんな人におすすめ

・しっかり自分から振っていける人
・オールラウンドに安定してプレーしたい人
・ビーストO3 100では飛びすぎる人

勝手に比べてみました

ビーストO3 100 2019

プリンスのビーストO3 100 2019との比較です。

同じビーストのO3でどちらもオールラウンドに使えるラケットですが、98のほうが飛び感が抑えられていて安定感はあります。またボールの軌道ですが98のほうがやや持ち上がる印象がありました。100は98より爆発力があるので一発でエースを狙うには100がおすすめです。

飛びすぎを気にせずガンガンスイングしていきたい人はビーストO3 98パワーアシストの恩恵をより受けたい人はビーストO3 100ですね。

プリンス ビーストO3 100の記事はこちら。

ファントムO3 100 2019

高速スイングによるしなり感とスピン性能が評価されているファントムO3 100

ビーストのほうがボールの飛びとパワーは優秀ですが、ビーストで飛びすぎ感を覚える人はファントムO3に転向可能!O3タイプなのですぐになれると思います!

プリンス ファントムO3 100 2019の記事はこちら。

【Prince by Hydrogen】BEAST Series

【比較】プリンス ビースト × ハイドロゲン コラボ

目次Prince by Hydrogenビーストシリーズ × ハイドロゲンBEAST100CHROME100 ※海外版BEASTRANDOM ※海外版BEASTビースト比較  日本版 vs 海外版スペック・テクノロジー比較使用感の比較プリンス ラケット一覧 Prince by Hydrogen カジュアルでありながらラグジュアリーな要素を備えるイタリアの人気ブランド「ハイドロゲン(HYDROGEN)」 トレードマークの"スカル"と"スポーツ"という、一見すると相反する要素を見事に融合させ、都会的でラグジュ ...

ReadMore

Prince Phantom Series

目次ファントムシリーズ新作 2022Ver2019Ver海外モデルトラディショナル 一覧O3 一覧プリンス ラケット一覧 ファントムシリーズ 新作 2022Ver 前作+超衝撃・超振動吸収を実現するP.V.S搭載でかつてないフィーリングを実現! 抜群の操作性で人気爆発 トラディショナル 穴あき激薄フレームからの究極の振り抜き O3 フラットボール専用 ファントムF1 プリンスの競技者向けのファントムシリーズにフラットボール専用ラケットが仲間入り! フェイス面積98平方インチ、ストリングパターン 18×18 ...

ReadMore

TF-X1

【テクニファイバー TF-X1 徹底インプレ】驚異の衝撃吸収性!高速化テニスで勝ち抜くための1本(Tecnifibre TF-X1)

2021年からラコステジャパンがテクニファイバーの代理店となり、第1弾の大型商品となるTF-X1。 「#テクニの革新」というキャッチコピーのもと、今までにないテクノロジーを搭載した全く新しいラケットとなっています。 なんとこのたび、 新製品のモニターとして使わせていただけることに!!👏 またとない絶好の機会、このTF-X1の使用感含め全情報を徹底的にお届けします! ちゅう太今回はTF-X1(300g)を使用させていただきました! 本記事でわかること! TFーX1とは ラケットデザイン 搭載 ...

ReadMore

【プリンス×ハイドロゲン クローム100 徹底解明・インプレ】ギンギラギンでさりげなくない!特別感漂う限定ラケット(Prince×HYDROGEN CHROME100)

プリンスから只者ならぬラケットが2021年7月に発売。 情報が解禁されたのは発売の約一か月前。情報解禁と共に全国のテニスオタクはこう思ったに違いない。 「絶対手に入れてやる!!」 いまさら言うことではないがちゅう太は自他ともに認めるきっすいのテニスオタク。 なんとしてでもこのラケットを入手したい。 みんな急げぇーーー!!! 俺はこれでラケットGETだ〜!今年は年間100万円使わなくて良さそう♪ https://t.co/irftaVwqfP — ちゅう太@テニススタディ管理人 (@Tennis ...

ReadMore

テニス おすすめ ドリンク

【プロ愛用】テニス練習・試合で飲むべきおすすめドリンク

悩めるテニスプレイヤー・テニス中に何を飲めばいいのかわからない ・試合後半で逆転負けをすることがある ・大会でよく足を吊る ・ハードなトーナメントで勝ち抜きたい ・最高なパフォーマンスで試合をしたい 以上の悩みでお困りではありませんか? これらの悩みを解決するためには、テニス中に飲むドリンクが非常に重要なんです! ちゅう太ちゅう太が初めてテニス中に足を攣ったのは、学生時代の団体戦で3セットマッチを2試合したとき! そこからドリンクについても勉強しまくり、飲み物にもこだわることで、現在は8ゲーム5試合のトー ...

ReadMore

トロライン

【トロラインポリ徹底比較】「質にコダワル」トロラインポリの選び方完全マニュアル!

アメリカ、カリフォルニア発の新星テニスストリングブランドのトロライン。 「質にコダワル」をコンセプトに、高品質なテニスストリングをお手ごろな価格でプレイヤーに提供しています。 そのストリングの性能の高さは使用者にしっかり評価されており、トロラインジャパン OFFICIAL STOREでは入荷してもすぐに完売! そんなに売れてるなら使ってみたい!! トロラインの使用感が気になっているけど、ストリング選びで失敗はしたくない!! そんな人のためにトロラインのポリストリング4種を同じラケットで使ったことのあるちゅ ...

ReadMore

おすすめラケットランキング

【2021年完全最新版】テニスラケットおすすめランキング5! <年間購入額100万円超え>

どうも、ちゅう太です。 テニススタディ1周年&100記事公開記念として、年間ラケット購入金額100万円超えのちゅう太が本音で選ぶおすすめラケットを紹介します。 すべてのラケットを同じストリング、同じテンションで比較したので今後のラケット選びの参考になればと思います。 注意:ラケットの性能・完成度の高さを評価しています!対象は中級者以上となっております。 一定以上のテニスができる人にはドンピシャなランキングとなっております。 目次年間ラケット購入金額100万円を超えました5位 ファントム100レビュ ...

ReadMore

ダイアデムポリ徹底比較

【ダイアデムポリ徹底比較】今話題沸騰中のダイアデムポリの選び方完全マニュアル!

プロ視点から質の高い製品の開発・生産を行うダイアデム。ラケットだけでなくストリングもユーザーからは大好評!ただ、ダイアデムのストリングは取り扱い店が少なく、試すまでのハードルが高い。ネットのインプレ記事も多くはなく、結局どのストリングを選べばいいかわからない。 そんな人のためにダイアデムのポリストリングをすべて同じラケットで使ったことのあるちゅう太が選び方をまとめてみました!ダイアデムのストリング選びに迷っている人に参考にしてほしい。 目次ダイアデム ポリストリングダイアデムのポリストリングは3種類各スト ...

ReadMore

【ラケットスタンドDIY】目からウロコ!カッコよく飾れるラケット収納!

悩めるテニスプレイヤー大量のラケット保管に困ったな… もっとかっこよく飾りたいな… テニス好きのみなさんなら必ず1度はこのように思ったことがあるでしょう。 私もラケットが増えるにつれ、ラケットの保管場所に困っていました。 「かっこいいラケットたちを眺めたい!!」 いつもソフトケースに入れてフックにぶら下げていたちゅう太は悩んでいました。 でも、ネットを隅々まで探してもラケットスタンドなんてものは売ってないんですよね~。 ・・・・。 「よし、ないなら作ってしまおう」 こう思い立ったちゅう太は気付けばホームセ ...

ReadMore

【プリンス×ハイドロゲン ビースト100 徹底インプレ】見た目だけじゃない!性能もデザインも最高にイケてるラケット(Prince×HYDROGEN BEAST100)

プリンスの中でも幅広い層に支持されているビーストシリーズとカジュアルでありながらラグジュアリーな要素を備えるイタリアの人気ブランドハイドロゲン(HYDROGEN)がコラボ! HYDROGENのデザイナーAlberto Bresci氏がデザインを施した限定モデルとなっており、ちゅう太はその見た目に一目惚れし即購入。 本記事では最高にかっこいいビースト100を実使用、動画解析によるデータからしっかりレビューしていきます! ラケットの写真もいつも以上に載せて、デザインもみなさんに共有できたらと思います! ちゅう ...

ReadMore

【スリンガーバッグ レビュー】君は購入すべき?全公開メリットとデメリット(Slinger Bag)

スリンガーバッグは持ち運びできる球出しテニスバッグとして2020年7月に発売以降、入荷分はすぐに完売。 次の入荷分を予約しないと入手できないほどの大ヒット商品! スリンガーバッグがなぜ売れているのかというと このような悩みを解決してくれるから! 悩めるテニスプレイヤー・テニスの練習相手がいない ・自分の好きな練習をしたい ・急にテニスがしたくなる ・球出し機が高い ・持ち運びできる球出し機が欲しい ボッチ系テニスプレイヤーのちゅう太も入荷待ちをしてしっかり購入! 半年以上使ったので、そこで感じたメリット、 ...

ReadMore

シェアお願いします

▽この記事をシェアする▽

© 2022 テニス スタディ