VCORE PRO 97 2021

【ヨネックス ブイコアプロ97 2021 徹底インプレ】破壊力UP!気持ち良いフィーリングで攻めるラケット!(YONEX VCORE PRO 97)

VCORE PRO 97

スペック変更やエヴァンゲリオン初号機を彷彿とさせるカラーリングと注目ポイントが多い新VCORE PRO。
VCORE PROは数モデル前から完成度が高いと評価されていたので、今作のスペック変更はとても驚きました。

また、新VCOREのカラーリングはやや不評でしたが
新VCORE PROのカラーリングはかっこいいのではっ!

今回はVCORE PRO97をインプレしていきます!

ちゅう太
2017年モデルから2019年モデルは敢えて大きな変更をしなかっただけに、2021年モデルからのスペックの変更はいい意味で期待を裏切られましたね

本記事でわかること!

  • ラケットの使用感
  • ラケットのデザイン
  • 搭載テクノロジー
  • ラケットスペック
  • メリット・デメリット
  • どんな人におすすめか
  • 前作との比較
  • 他のラケットとの比較

クリックで読みたい箇所へジャンプ!

レポート

ボックス形状らしいボールを捉える感覚を味わえつつ、パワー乗りもよいラケット!
打球感はブイコアプロらしくマイルドでやや淡白な味付け。

また前作同様、フラットショットのスピードと伸びが非常によいのですが
フェイスが97平方インチ&アイソメトリック(楕円形)なのでスピンをかける時はやや不安になります

ボールの飛びは良くなっているので、前作慣れしている人はやや飛びすぎに注意!
ただ、今作のほうがスピンもかけやすい印象があり、スピン量を増やしてコートに入れることはできます!

しっかり振り切って打ち抜くときに頼りになるラケットです!

スペック

✔長さ:27.0インチ
✔フェイスサイズ:97平方インチ
✔ウェイト:310g
✔バランス:310mm
✔フレーム厚:21mm
✔ストリングパターン:16x19

ストリングパターン(実測値)
VCORE PRO 97 ストリングパターン

デザイン

  • VCORE PRO 97
ちゅう太
エヴァンゲリオン初号機を彷彿とさせるデザイン!

ニューテクノロジー

ISOMETRIC
⇒スウィートエリア向上

・FlexConSystem
⇒強靭なしなりと復元力を生み出す

・フレーム側面厚 増
⇒パワーと面安定性の向上

LOCK BOOSTER
⇒エネルギーロス低減

VDM
⇒打球感の快適化

打球感:しなり感 マイルド

フレーム厚は前作より厚くなったものの、ブイコアプロらしいしなり感はしっかりと継承されています。
また、しなりにより打球感はマイルドでホールド感もあります

ブイコアプロらしい空洞感のない詰まった打球感がわかりやすく、さらに前作よりボールを潰す感覚は強くなっています。
インパクト時の微振動もかなり少ないです。

厚くインパクトしたときのパワー乗り感は非常によくボールを潰せる感覚が前作より感じやすくなった印象!面ブレもなし!
また、引っ掛かり感もやや増したため、個人的には今作のほうが扱いやすい使用感でした。

ボールの飛び:飛ぶ

スペックから想像できないほどのボールの飛びです。
最近のラケットは「薄くてもよくボールを飛ばせる」という立ち位置のラケットが多く発売されていますが、その中でも飛びの良さはトップクラスだと思います。
前作よりもさらに飛ばしやすくなっています!

フェイスの形状的にスピンボールは打ちにくさあり
ただ、直線的な球種は打ちやすく、パワー乗りも良いため、球威は出していけます!

スピン性能:かかる

前作より引っ掛かり感を感じられ、スピンの効いたボールを打つこともできます!
スピンをかける時もボールを擦り上げるというより、やや厚めに当てる意識を持つとうまくかけれるともいます。

フェイスの小ささ、形状に違和感を感じなければ、自信をもって打っていけますよ!

球速:124.6km/h

フォアハンドの球速は124.6km/hでした。
これはフォアハンドストローク時の動画解析により算出した値です。

球速算出方法はこちらから↓

総評

メリット

・しなり&マイルドな打球感
・パワー乗りが良い
・よくボールが飛ぶ

デメリット

・小さく特徴的なフェイス形状
・ボールを擦り上げるスイングに不安あり
・前作からすんなり移行できない

フェイスの面積が97平方インチとは思えないほど良いボールの飛びとパワー乗りが素晴らしいラケット!
特に厚くフラットで打ちぬく時の球威はトップクラス!
ただ普段ヨネックスを使っていない私にとって、小さなフェイス面積かつ特徴的なフレーム形状は、スピンをかけるときにやや不安感が伴いました。

前作より飛びが良く、またボールを潰している感覚も強く感じれたため
前作があまり合わなかった人たちも再トライできる仕上がりになっていると思います!

こんな人におすすめ

・ガンガン振り切って攻める人
・しなり&パワーを求める人
・前作ではシビアだった人

フェイス面積は100平方インチ未満、ボックス形状に限る!けど、ぶっちゃけしんどいと感じるプレーヤーに試してもらいたいラケット!

勝手に比べてみました

ブイコアプロ97 2019

前作のブイコアプロ97との比較です。

前作のほうがしなり感が強く、より柔らかい打球感。
ボールの飛びも悪くなく、スピンもかかるため既に完成されたラケットという印象。

今作はボールの飛びと潰している感覚が増して、より球威を出せる仕様に!
前作では多少しんどさを感じたプレイヤーもターゲット層になったのでは!

前作で特に不満がない人は無理に新しいやつを購入せずに、値下げした旧ブイコアプロの購入でOK!
もっとボールにパワーが欲しい人は新ブイコアプロに移行しましょう!

前作のブイコアプロ97の記事はこちら。

ブイコア100 2021

ブイコア100ラケットの剛性が高く、よりボールを潰していけます!
スピンのかけやすさもブイコア100のほうが優秀で、力強い打球をコートに打ちこむことができます。
ブイコアプロのしなり感は感じることができません。

対してブイコアプロ97はブイコアより打球感がマイルドでしっかりしなり感を感じれます
フェイス面積がブイコア100より小さいものの、ボールの飛びは劣っているどころか、むしろ飛ばしてくれると私は感じました。

ボールを潰してコートに打ちこみたい人はブイコア100、しなる感覚が好きで柔らかい打球感が好きな人はブイコアプロ97がおすすめ!

ヨネックス ブイコア100 2021の記事はこちら。

ブレード98 V8.0 16×19

ウィルソン ブレード16×19との比較です。
しなるラケットと言えば、ウィルソンのブレードシリーズを頭に思い浮かべる人は多いはず!

ブレードはしなりによるボールの飛びと、高いスピン性能が評価されています。
引っ掛かり感も感じられ、安定したスピンボールをコートにコントロールすることがやりやすいラケット!
正直スピン性能はブイコアプロ97より高いと思います。

対してブイコアプロ97はより柔らかく、ボールを飛ばせる印象です。
気持ちよいボールの伸びはブレードを圧倒しています!

ラケットのしなりを感じつつ、安定したスピンをかけていきたい人はブレードは良いチョイスだと思います!

ウィルソン ブレード98 V8.0 16×19の記事はこちら。

+操作性:TF40 305 16x19

もっと操作性の良いラケットが良いならTF40がおすすめ!
TF40もしなり感があり、直線的な打球が得意なラケット!
そして癖のない使用感がウリとなっています。

TF40はインパクト時のフィーリングや情報量の多さにおいて優れており、ボールをコントロールしている感覚が強いです!
飛びはブイコアプロより控えめですが、球威は同程度に出していけます。

ブイコアプロはTF40よりもボールを良く飛ばせ、またスピンのかかりも良いです。
ただ、ヨネックスのアイソメトリック(楕円形)のフレーム形状は好き嫌いがわかれます。

ヨネックスのアイソメトリック(楕円形)のフレーム形状に上手くなれない人はTF40に移行もあり!

テクニファイバー TF40 305 16x19の記事はこちら。

本格派モデル!新ツアーシリーズどれが買い?(Prince Tour Series)

プリンスの戦うプレーヤーのための最強シリーズであるツアーシリーズ スピードスピンをコンセプトに開発されたこのシリーズは、男女問わず競技者の使用者が多いモデルです。 従来のフェイス面積95・100平方インチ、O3に加え、2023年からは98平方インチの本格派モデルが加わった最強のラインナップ! この記事では各ツアーシリーズの特徴をおさえ、選び方をまとめてみました! ツアーシリーズのラケット選びで迷っている人の参考になればと思います! 目次ツアーシリーズ新作 2022VerスタンダードなTOUR100初心者に ...

ReadMore

【比較】プリンス ビースト × ハイドロゲン コラボ

目次Prince by Hydrogenビーストシリーズ × ハイドロゲンBEAST100CHROME100 ※海外版BEASTRANDOM ※海外版BEASTビースト比較  日本版 vs 海外版スペック・テクノロジー比較使用感の比較プリンス ラケット一覧 Prince by Hydrogen カジュアルでありながらラグジュアリーな要素を備えるイタリアの人気ブランド「ハイドロゲン(HYDROGEN)」 トレードマークの"スカル"と"スポーツ"という、一見すると相反する要素を見事に融合させ、都会的でラグジュ ...

ReadMore

最薄ラケット!?大人気ファントムシリーズを比較してみた(Prince Phantom Series)

目次ファントムシリーズ新作 2022Ver2019Ver海外モデルトラディショナル 一覧O3 一覧プリンス ラケット一覧 ファントムシリーズ 新作 2022Ver 前作+超衝撃・超振動吸収を実現するP.V.S搭載でかつてないフィーリングを実現! 抜群の操作性で人気爆発 トラディショナル 穴あき激薄フレームからの究極の振り抜き O3 フラットボール専用 ファントムF1 プリンスの競技者向けのファントムシリーズにフラットボール専用ラケットが仲間入り! フェイス面積98平方インチ、ストリングパターン 18×18 ...

ReadMore

【プリンス×ハイドロゲン クローム100 徹底解明・インプレ】ギンギラギンでさりげなくない!特別感漂う限定ラケット(Prince×HYDROGEN CHROME100)

プリンスから只者ならぬラケットが2021年7月に発売。 情報が解禁されたのは発売の約一か月前。情報解禁と共に全国のテニスオタクはこう思ったに違いない。 「絶対手に入れてやる!!」 いまさら言うことではないがちゅう太は自他ともに認めるきっすいのテニスオタク。 なんとしてでもこのラケットを入手したい。 みんな急げぇーーー!!! 俺はこれでラケットGETだ〜!今年は年間100万円使わなくて良さそう♪ https://t.co/irftaVwqfP — ちゅう太@テニススタディ管理人 (@Tennis ...

ReadMore

【プロ愛用】テニス練習・試合で飲むべきおすすめドリンク

悩めるテニスプレイヤー・テニス中に何を飲めばいいのかわからない ・試合後半で逆転負けをすることがある ・大会でよく足を吊る ・ハードなトーナメントで勝ち抜きたい ・最高なパフォーマンスで試合をしたい 以上の悩みでお困りではありませんか? これらの悩みを解決するためには、テニス中に飲むドリンクが非常に重要なんです! ちゅう太ちゅう太が初めてテニス中に足を攣ったのは、学生時代の団体戦で3セットマッチを2試合したとき! そこからドリンクについても勉強しまくり、飲み物にもこだわることで、現在は8ゲーム5試合のトー ...

ReadMore

【トロラインポリ徹底比較】「質にコダワル」トロラインポリの選び方完全マニュアル!

アメリカ、カリフォルニア発の新星テニスストリングブランドのトロライン。 「質にコダワル」をコンセプトに、高品質なテニスストリングをお手ごろな価格でプレイヤーに提供しています。 そのストリングの性能の高さは使用者にしっかり評価されており、トロラインジャパン OFFICIAL STOREでは入荷してもすぐに完売! そんなに売れてるなら使ってみたい!! トロラインの使用感が気になっているけど、ストリング選びで失敗はしたくない!! そんな人のためにトロラインのポリストリング4種を同じラケットで使ったことのあるちゅ ...

ReadMore

【ラケットスタンドDIY】目からウロコ!カッコよく飾れるラケット収納!

悩めるテニスプレイヤー大量のラケット保管に困ったな… もっとかっこよく飾りたいな… テニス好きのみなさんなら必ず1度はこのように思ったことがあるでしょう。 私もラケットが増えるにつれ、ラケットの保管場所に困っていました。 「かっこいいラケットたちを眺めたい!!」 いつもソフトケースに入れてフックにぶら下げていたちゅう太は悩んでいました。 でも、ネットを隅々まで探してもラケットスタンドなんてものは売ってないんですよね~。 ・・・・。 「よし、ないなら作ってしまおう」 こう思い立ったちゅう太は気付けばホームセ ...

ReadMore

【プリンス×ハイドロゲン ビースト100 徹底インプレ】見た目だけじゃない!性能もデザインも最高にイケてるラケット(Prince×HYDROGEN BEAST100)

プリンスの中でも幅広い層に支持されているビーストシリーズとカジュアルでありながらラグジュアリーな要素を備えるイタリアの人気ブランドハイドロゲン(HYDROGEN)がコラボ! HYDROGENのデザイナーAlberto Bresci氏がデザインを施した限定モデルとなっており、ちゅう太はその見た目に一目惚れし即購入。 本記事では最高にかっこいいビースト100を実使用、動画解析によるデータからしっかりレビューしていきます! ラケットの写真もいつも以上に載せて、デザインもみなさんに共有できたらと思います! ちゅう ...

ReadMore

シェアお願いします

▽この記事をシェアする▽

© 2023 テニス スタディ